認定看護師教育課程 修了生のメッセージ

修了生のメッセージ

3期生 橋本裕子さん 埼玉県立がんセンター

 

 私が勤務している埼玉県立がんセンターは、都道府県がん診療連携拠点病院として、専門的ながん医療を提供するとともに、都道府県内のがん診療の連携協力体制の整備やがんに関する相談支援情報の提供を担っています。

 全国でも、がん専門病院の摂食・嚥下障害看護認定看護師の人数はあまり多くはありません。がんの患者さんは頭頸部がんや食道がん、肺がん、脳腫瘍など疾患や治療により食べることが困難になることがあります。特に頭頸部がんの患者さんは口腔や咽頭の腫瘍を切除し、大腿や腹部などから皮膚を移植する皮弁再建術を行うため、食べることに苦労することが多いです。

 現在、私は頭頸部外科、口腔外科、脳神経外科の病棟で勤務をしています。以前の認定看護師としての活動は、頭頸部外科の医師や他職種との連携が十分ではありませんでした。現在の病棟に異動してからの1年はとても充実し、嚥下障害のある患者さんにチームで関わることができるようになりました。摂食嚥下支援チームを立ち上げ、医師、言語聴覚士、歯科衛生士、認定看護師が一緒に嚥下機能評価を行い、嚥下訓練内容を検討しています。またこのチームの立ち上げによって、今まで行えていなかった摂食機能療法の算定もできるようになり、患者さんの嚥下訓練に病棟看護師の介入が増えました。

 今年2回目の資格更新を行い、認定看護師としての10年間を振り返り、コツコツと行ってきた活動が実ったように感じています。多職種と連携し嚥下障害のある患者さんに関わり、がん看護の質の向上に携わることはとてもやりがいがあります。これからも私たちの活動で患者さんの「食べる」を支えていけるよう頑張っていきます。そして、一緒に考えることができる摂食・嚥下障害看護認定看護師の仲間がもっと増えるとうれしいです。

8期生 村上未来さん 東京都立神経病院

 

 私が摂食・嚥下障害看護認定看護師を志望した背景には1人の患者さんの言葉がありました。私が勤めている病院は、神経筋疾患の専門病院で、神経難病の患者さんのQOL向上を目指した看護を行なっています。その中で担当した患者さんの1人が、「難病になり、いつか食べることはできなくなるかもしれない。でも、最期まで口から食べて生きたい」と私に話して下さいました。この言葉は私にとって、大きな衝撃でした。食事は人間の大きな欲求であり、楽しみです。しかし、誤嚥性肺炎や窒息のリスクが高い患者さんは、経口摂取の機会を奪われている現状もあります。最期まで口から食べたいと希望する患者さんに対し、どのような看護を実践すればよいのかわからない歯がゆさがありました。そのことがきっかけとなり、患者さんの『最期まで口から食べる』を支えることができる看護師になりたいと思い、認定看護師教育課程の受講を決意しました。

 茨城県立医療大学、認定看護師教育課程で学んだ日々は、とても貴重な時間でした。その理由として、1つ目に摂食嚥下障害看護に関連する病態論やフィジカルアセスメント論、援助論を専門的な講師の先生方から学び、摂食嚥下障害をアセスメントする力が身に付いたことです。そのことで、患者さんの強みを理解し、口から食べる支援に繋げることができるようになったと考えます。2つ目に摂食嚥下障害を持つ患者さんを支えたいという同じ志を持つ同期生に出会うことができたことです。教育課程での生活は、同期生の仲間と助け合い、励まし合い、そして切磋琢磨した日々でした。教育課程を修了した現在は、活動する地域や場所は様々ですが、同期生の活躍は私自身の活力になっています。

 現在は、神経筋疾患患者さんの摂食嚥下障害看護を実践しています。神経筋疾患患者の摂食嚥下障害は進行することが多く、誤嚥・低栄養・脱水から、さらに症状が悪化することがあります。口から食べる期間を長く保つためには、誤嚥・低栄養・脱水のリスクを回避し、摂食嚥下障害に対するアセスメントの結果から患者さんの強みを理解することが大切です。活動日を中心に、患者さんのラウンドを行い、食事の形態や姿勢、介助の方法を検討し誤嚥を予防する活動をしています。また、栄養サポートチームの活動を通して、低栄養や脱水の予防に努めています。患者さんの中には、ひと匙の嚥下を楽しむことを目的とした方もいます。ひと匙を安全に、味わって嚥下できたとき、摂食嚥下障害看護の道を志してよかったと感じます。これからも、認定看護師教育課程で学んだ知識技術を基盤とし、患者さんの強み活かし、『最期まで口から食べる』ことを支援できるよう活動していきたいと考えています。

IPUスワローズ 同窓会長挨拶

11期生 石井亨信さん 社会医療法人若竹会 つくばセントラル病院

 

 私は11期生として茨城県立医療大学の認定看護師教育課程を修了し、2018年に摂食・嚥下障害看護認定看護師となりました。資格取得後は看護部室所属となり、外来嚥下リハや栄養サポートチーム、口腔ケアチームなどのコアメンバーとして院内横断的活動を行っています。

 茨城県立医療大学で開講される認定看護師教育課程の魅力は沢山ありますが、本課程の修了生で組織されたIPUスワローズ同窓会は、他の教育課程にない特徴の一つです。

 同窓会の主な活動は、新入生のサポートと年に一度開催されるフォローアップ研修会や総会・交流会の企画運営です。同期との横のつながりだけでなく、同じ志を持った先輩や後輩との縦のつながりが持てる場になるよう活動しています。1期生から現在まで、摂食嚥下障害看護への熱い想いが脈々と受け継がれており、総勢260名を超える大きな組織となりました。

 私は2020年度より同窓会会長を拝命しましたが、新型コロナウイルス感染症の蔓延によりほぼ全ての活動が停滞した一年でした。新入生と修了生・教員が一堂に会する恒例行事である交流会も、世情を鑑みて中止せざるを得ませんでした。活動らしい活動ができないまま時間だけが過ぎ、同窓会そのものの在り方が問われた時期もありました。

『今できることを最大限に取り組むことにしか道はない』
 教育課程で出会った恩師の言葉を拝借しましたが、たった一年で世の中を一変させたこの変化の波をどう乗りこなすのか、同窓会会長として何ができるのか、今も模索しているところです。しかし、社会・地域だけでなく人と人の交流までもが閉鎖的となりつつある今だからこそ、地道な活動を続けていくことが必要なのだとも思います。 

 IPUスワローズ同窓会には、目には見えなくても何か特別な「ご縁」を感じさせてくれる素晴らしい仲間が沢山います。この同窓会も、多くの修了生の理解と協力のおかげで今日まで絶やすことなく活動を継続できています。新しく仲間入りされる皆さんの力も借りながら「茨城の修了生で良かった」と少しでも思って頂けるような同窓会に発展させていきたいと思います。

12期生 根本祐介さん 日本赤十字社水戸赤十字病院

 

 現在私は内科病棟に所属し、週1回活動日として各病棟をラウンドしています。昨年より医師、摂食・嚥下障害認定看護師2名、言語聴覚士、薬剤師、管理栄養士で嚥下サポートチームを立ち上げました。患者の情報、嚥下評価と結果を踏まえ、食事介助、安全な内服、栄養管理の方法などを各専門職と協力しながら実践しています。また、学習会などを企画し病院スタッフの嚥下障害への知識や技術が高められるよう日々活動しています。

 認定看護師の資格を取得したとはいえ、まだまだ学ぶことが多く、もっと良い看護があったのではないかなど日々、自分自身の知識や技術の足りなさに悩み、摂食嚥下障害看護の難しさを感じています。特に他病棟のスタッフに患者のことでお願いする際には負担にならないように、でも継続してやってもらうにはどうしたらよいのかなど、認定看護師になり自部署以外との関わりが増えたことで悩むことは正直、増えたと思います。その中でも教育課程で学んだことを活かし、自分自身の知識・技術の向上はもちろんですが、押し付けにならないよう、共に考えていけるような関わりを心がけています。大変なこともあるのですが、患者やその家族から「食べられるようになって良かった」「おいしかった」などの言葉をいただくと嬉しく、認定看護師になってよかったと思えます。 最近では、医師、他病棟スタッフからのコンサルテーションが増え、少しずつ活動が実を結んできたことを実感しています。また、他の領域の認定看護師とも患者様の食事、口腔ケアなどのことで相談や意見交換をすることもあり、摂食嚥下障害看護は本当に幅広く活動できるやりがいのある領域であると思います。

 受験に至るまで自分が本当に認定看護師として活動できるのだろうかと悩みましたが、思い切って受験して良かったと今は思っています。1人でも多くの仲間が増えることは心強いことです。共に摂食嚥下障害看護を学んでいきましょう。

 

14期生 白石理子さん 埼玉県内リハビリ病院

 茨城県立医療大学の認定教育課程は、学部生と同じように図書館、OA機器、実習室、標本・解剖室などの充実した大学の施設が利用でき、とても恵まれた環境で勉強ができることが大きなメリットだと思います。そして授業では、著名な先生方や、大学の講師陣、現場の第一線で活躍されている付属病院の先生方や本課程の卒業生による講義を受けることができ、実践につながる学びを得ることができるのも大きな特徴です。

 この課程では、最初に、「食べる」ことについて徹底的に学びます。「食べる」ことは、脳の働き、口腔・咽頭・喉頭・食道の構造、呼吸、姿勢、環境など様々なことが関係します。そのひとつひとつを、深く丁寧に紐解き、病態と結びつけていきます。そして、安全に食事をとるための食事介助の方法や、食事形態、姿勢、食具の選択などの代償法を学び、後半の実習を迎えます。「食べる」ことは、その人にとっての楽しみや喜びである一方、介入方法によっては命を危険にさらすこともあります。そのため、知識の曖昧さを排除し、確実な方法を模索していく能力を必要とし、求められる知識や技術の水準は非常に高く、勉強は正直とても大変でした。

 でも、つらくて苦しいときは、必ず助けてくれる仲間がいました。分からないところは快く教えてくれて、自信を無くしたときは、話を聞いてくれる仲間がいました。同じ目標に向かい苦学を共にした仲間の存在は、きっとこれからも私の心の支えになってくれると思っています。そして、「あなたならできる」と信じ、根気強く向き合って下さった実習指導者や教員の方々のおかげで、この教育課程が終わるころにようやくこれまで学んできた知識が統合し、少しずつ自分の看護に自信を持つことができるようになりました。

 学びたい気持ちがあっても、いろんな不安が頭をよぎり、受験を迷っている方も多いかと思います。勉強に打ち込めるよう、家族や職場の協力も必要になるかもしれません。年齢や体力を考えてしまう方もいるかもしれません。私もたくさんの人に支えられ、この半年間を乗り越えることができました。迷いがある方は、まずは、学びたい気持ちを周りの人に相談してみてください。そして、勇気を出して、一歩を踏み出してみてください。きっと想像以上の、奇跡のような素晴らしい経験と出会いが待っていると思います。 

pagetop