助産学専攻科 ポリシー

ポリシー

アドミッションポリシー(入学者受入の方針)

 本学助産学専攻科は,大学理念を基に,次のような要件を備えた学生を歓迎する。

  1. 生命への尊厳と他者への思いやりに溢れ,かつ,知的好奇心をもって主体的に学修する姿勢を有していること。
  2. 助産師として地域づくりに貢献する志と意欲を持っていること。

カリキュラムポリシー(教育課程・実施の方針)

 教育の方針

 本学助産学専攻科は,女性と子どもに寄り添う助産ケアを提供し,地域や社会の中で母子保健・周産期医療の発展に寄与する助産師を養成することを目標としている。

 教育課程

 本学助産学専攻科は,大学理念を達成するため,以下の方針に基づいてカリキュラム(教育課程)を編成する。

  1. 助産師としての基本的な必須能力を身につけるための根拠に基づき系統的に学修する。
  2. 女性の生涯にわたる健康および家族発達への支援について学修する。
  3. 助産師としてのアイデンティティを養い,責務と自律性を自覚し,社会の中での多職種連携・協働する能力を身につける。
  4. 学修者主体となる学修方法に基づく理論と実習を通じて,社会において自己研鑽し続ける態度を身につける。       

ディプロマポリシー(修了証書授与の方針)

 本学助産学専攻科は,以下の知識と能力を修得した学生に修了を認定する。

  1. 女性や人々と助産師としての良好な関係性を築くことができる。
  2. リプロダクティブヘルス/ライツについての深い認識を獲得している。
  3. 助産師に相応しい高い倫理観を備え,社会の中での専門職としての果たすべき責務を自覚している。
  4. 助産師のスタートラインにつくための基礎的な能力を獲得している。
  5. 専門的な知識と技術とを深く追求する姿勢を身につけている。
  6. 多職種と連係する行動力を持っている。
  7. 助産師として母子保健・周産期医療に貢献する能力を身につけている。
pagetop