放射線技術科学科

放射線医療の進歩に対応できる基礎と応用力を養う

保険医療学部 放射線技術科学科 現在の医療現場では様々な放射線機器が診療や治療に用いられています。診療放射線技師は,これらの機器を安全かつ適正に取り扱うとともに,正確な診断や治療をサポートして現代医療の重要な役割を担っています。
 放射線技術科学科では実験・実習を重視し,そのための設備や教育プログラムを充実させています。総合病院に設置されているMRI装置,ヘリカルCT装置,超音波検査装置などの画像診断機器と放射線治療用の直線加速器なども設置され,実験・実習に活用されています。また,画像情報ネットワークで結ばれた各種装置や画像処理ソフトを活用するなど,情報技術教育の基盤も整っています。これらの設備と教育プログラムを駆使して学生の実験・実習を行い,経験豊かな各分野の専門教員がこれをサポートしています。セミナー形式の少人数教育と付属病院や県内・近県の主要な医療施設での臨床実習によって,知識・技術・人間性を兼ね備えた診療放射線技師を育成します。

学科長挨拶

放射線技術科学科 門間 正彦

患者様の気持ちに寄りそうため,
高度な専門知識と最先端の技術を習得しよう

放射線技術科学科門間 正彦

 放射線が医療に果たす役割は大きく,従来から利用されているX線検査やCT検査,超音波検査,MRI検査,核医学検査といった様々な放射線検査とともに,放射線をがんに集中して照射することによる放射線治療を担っているのが診療放射線技師です。
医療をとりまく環境が変化する中で,診療放射線技師に求められる業務の内容やその質は大きく変化し,より専門化が進んでいます。優れた技術を効果的に安全に駆使することで,患者様の期待に応えられる技術を提供することが大事です。
 本学は開学から20年以上経ち,これまで築きあげてきた実績と信頼が本学の大きな財産になっていると思います。蓄積された教育力を多様な教育カリキュラムに取り入れ,充実した最新の実験・実習設備で学習することにより,より確実な知識と技術を習得することができます。

教員紹介

放射線技術科学科 学科ページ

 

pagetop