理学療法学科

科学的知識と技術に裏打ちされた「やさしい」手が支える

保険医療学部 理学療法学科 理学療法は,身体に障害を持つ人に運動療法や温熱・電気などを用いた物理療法を行うことで,運動機能の回復を図るとともに,身体機能を維持し,障害の悪化を防ぐリハビリテーションの一分野です。
 理学療法士は新生児から高齢者まで,すべての年齢層の方と関わります。理学療法は,主に運動機能が低下した人が対象ですが,最近では生活習慣病の予防や高齢者の介護予防など,その対象は健康な人々にも広がりつつあり,理学療法とそれを実践する理学療法士の重要性はますます高まっています。
 本学科では,理学療法の基本的な知識と技術を総合的に学び,骨・関節・筋などの外科的な障害をはじめ,脳血管系の障害,神経系の障害,呼吸器・循環器系の障害など,様々な運動能力障害を対象に,医療機関や地域医療・福祉の現場など,あらゆる場面で適切な療法を実践・指導できる心豊かな理学療法士を育成します。

学科長挨拶

理学療法学科長 上岡 裕美子

地域社会のなかで
健康と自立を支援する理学療法士をめざして。

理学療法学科長上岡 裕美子

 

“理学療法”とは,病気,けが,加齢などによって身体に障害を有する方に対して,身体運動機能の回復を図り,体の動かし方を教え,障害を持ちながらもより良い生活を営めるように支援する仕事です。

 理学療法士の多くが病院などの医療機関で働いていますが,最近では,アスリートの傷害予防やパフォーマンス向上,高齢者の介護予防や地域住民の健康増進のプランニングなど,健康な人々に対する場で活躍する理学療法士も増えています。そこで茨城県立医療大学理学療法学科(以下,本学科)では,次世代の臨床家を育成するために,隣接する付属病院,協力医療機関,行政,保健・福祉施設との連携のもと,1年次から多様な実体験を得られるように臨床実習を整備し,各々の領域における理学療法の目的やその支援のあり方についての学びを進めています。

 卒業教育としては,本学では仕事を継続しながら進学できる夜間大学院を備えており,また付属病院において臨床技能をブラッシュアップするための研修士制度を整えています。また, HAL(Hybrid Assistive Limb)の臨床研究や,車いすバスケットボールなど障害者スポーツの活動を在学生や卒業生が活発に行っております。

 現在,COVID-19の感染拡大に伴い、社会全体が大きな試練に直面しています。本学科は1学年の定員が40名とコンパクトであり,学生1人あたりの教員数が多い特長があります。この特長を活かして,講義は対面授業と遠隔授業を組み合せて、また実習・演習は少人数に分かれて十分な感染対策を講じながら実施しています。充実した教育環境を用意していますので,困難な中でも一緒に学び成長していきましょう。

教員紹介

理学療法学科 学科ページ

 

pagetop