作業療法学科

『作業=人が生活でしたいこと』を治療・介入に用い、
また出来るように支援する知識と技術が、人の健康と生活の質を高める

保険医療学部 作業療法学科 近年の脳科学の発展と共に,『作業=人が日常生活でしていること・したいこと』を用いた治療・介入の効果が改めて見直されています。一般的には,体の動きの回復や発達には,体操や機械を用いた繰り返しの動作練習が効果的なイメージがあるようですが,『作業』を用いた練習のほうが,効果が高い場合は多いのです。さらに,身体だけでなく日常で適切に『作業』を行うことが人の健康的な心の発達や回復,維持に役立つことも分かっています。本学科では,病気や怪我で体や心に何らかの障害や問題を抱えている人から健康な人・集団に対して,「作業」を通して人々の持つ問題を解決し,予防を行える質の高い作業療法士教育に尽力しています。

学科長挨拶

 

「ひと」に寄り添い,その人らしい豊かな生活の再構築に向けて

作業療法学科長堀田 和司

 作業療法士は,歩く,食べる,人と話す,仕事や遊び,楽しみなど私達の生活に関わること全て,生活そのものを,その人らしくご自身で出来るよう,対象となる方と共に考え,共に歩む仕事です。作業療法士の仕事には,様々な治療法・介入法がありますが,私たちが最も重要だと考えていること,それは,ひとの「こころ」を動かすこと,その人自身のモチベーションを高めてその人らしい生活を再獲得していただくことがあります。

4年間の大学生活の中で,多くの人とかかわり,多くのことを学び,多くの経験を積み重ね,ひとの「こころ」を動かすことができる,高いコミュニケーションスキルを身に付けてください。身に付けたコミュニケーションスキルは,作業療法士としてだけでなく,皆さんが社会に出た時に一人の人として,大いに役立つスキルになると思います。

教員紹介

作業療法学科 学科ページ

 

pagetop