医科学センター

最先端の医科学研究と高度な医療専門教育

医科学センター  現代の高度な保健医療の各分野では,最新の医学・医療学知識と,それらに基づく分析・判断・実践の複合的能力が求められます。知識や情報の収集にはAI(artificial intelligence)を利用できますが,総合的判断や実践能力には専門職者としての実力が必要なのです。
 医科学センター教員の専門分野には,解剖学,生理学,病理学,公衆衛生学,さらには臨床医学の内科学,小児科学,整形外科学,神経・精神科学や麻酔学などが含まれます。これらは各学科名が表す専門領域全ての土台となる学問領域です。
 大学の最も重要な使命は教育であり,その教育の内容は,研究者でもある大学教員が行っている学問領域の,最先端の研究成果でもあるのです。大学内の研究施設と付属病院を両輪とする研究の成果を存分に活用した教育を提供するとともに,必須学習項目に基づいた医科学コアカリキュラムを作成し,教育内容の充実に努めています。

センター長挨拶

医科学センター長 山口 直人

チーム医療の世界共通言語、
それが“医科学”です。

医科学センター長山口 直人

 「疾病や障害を持つ,悩める人々の役に立ちたい。ともに病気や不具合と闘い,健康な身体と心を取り戻す“力”になりたい。」この願いの実現のために,先人たちが血の滲むような努力と情熱を傾け,智恵と経験をかさねた汗と涙の結晶。それが生命医科学や医学です。これは,全ての医療専門職の学問的な共通基盤であり,医療現場が求めているチーム医療の共通言語です。
 生命を科学する“医科学”という世界から得られる感動は,将来,医療現場で活躍する皆さんの,智恵と勇気の原動力となるはずです。若い皆さんとともに学ぶことを楽しみにしています。希望と命というバトンを,次の世代へ繋げるために。

教員紹介

医科学センター 学科ページ

 

pagetop