学修の評価・終了の認定

学修の成果にかかる評価及び修了の認定に当たっての基準

博士前期課程

(1)成績の評価,単位授与

 試験の評価並びに受講状況をもとに総合的に評価し,合格した場合に単位が与えられます。

 成績評価の基準は,次のとおりです。

評 語 評 価 合 否
A 80点 ~ 100点 合 格
B 70点 ~ 79点 合 格
C 60点 ~ 69点 合 格
D 59点以下 不合格

(2)修了に必要な単位数

その所属する専攻ごとに,次表に定める数以上の単位を修得しなければならない。

専攻 共通 科目 特別研究等 専門科目 合計
必修 選択
看護学専攻 修士論文コース 4 8 4 14 30
CNSコース 2 8※ 8 12 30
理学療法学・作業療法学専攻 4 8 0 18 30
放射線技術科学専攻 専門コース 4 8 0 18 30
MPコース 4 8 4 14 30

※看護学専攻のCNSコースは実習6単位と課題研究2単位の計8単位修得する。

〈博士後期課程〉

専攻 保健医療科学 特別研究 合計
基礎科目 連携科目 専門科目
保健医療科学専攻 4 6※ 6 16

※ 保健医療科学連携科目から2単位以上,所属の領域の特講および特講演習から3単位以上を修得し,計6単位以上を修得する。

pagetop