聞かせて先輩‼IPUHS卒業生の過去、現在、未来

「オンライン座談会2021」

第4回(全4回)

学生×大学院生×卒業生

 2021年も、新型コロナウィルス感染症の問題により、日本全国の医療機関が危機的な状況に見舞われました。その中で、医療職の専門性がよりクローズアップされ、幅広い分野での活躍が紹介されていたかと思います。そこで今回、既に本学を卒業し、病院での一般的な業務ばかりでなく、さらにキャリアを積まれているエキスパートの先輩たちにご登場いただき、在校生にとっては未知の世界である「病院だけではないキャリア」について語っていただきました。

MENBERS
佐藤 純
人間科学センター教授
広報委員会委員長
角 友起(司会)
理学療法学科卒業生
医科学センター准教授
壷井 美香さん
放射線技術科学科卒業生
キヤノンメディカルシステムズ(株)
安江 憲治さん
放射線技術科学科
大学院博士後期課程
看護学科
4年生

 

■働くモチベーション、研究をするモチベーション
 
角(司会)

大学生、大学院生、社会人と皆さん立場は違いますが、何でも続けていくことは大変なことです。壺井さんや安江さんが就職してからの苦労や、経験から得た気づきを学生に教えていただけますか?

壷井さん

私は大学卒業後すぐに企業に勤めたので、現場経験もありませんし、知識も国家試験に合格する程度の基本的なレベルです。入社してから病院実習や研修はありましたが、最初は結構苦労しました。わからないことは自分で勉強したり積極的に病院の方々に直接聞いたりなどしましたが、どう努力しても臨床知識は現場の方には及ばなかったです。

安江さん

私も臨床経験がないまま大学院に進んだので、やっぱり臨床の知識が足りないところが弱点だと思っています。

学生(看護4年)

私も就職を控えているので不安なのですが、具体的にどの様にその弱点を解決しましたか?

壷井さん

私は考え方を変えました。私は医療機器のプロフェッショナル、先生方は臨床のプロフェッショナルであることを再認識して、お互い協力しあえる存在になれればいいのではないかということを、働いてから3年目くらいの時に思うようになりました。臨床知識は先生方とお話したり、学会に参加して情報収集するようにしています。それに気づくまでは色々悩んで苦労はあったかなとは思います。

角(司会)

働いてからの数年という期間は、どの職種、その職場でも大変な時期だと思います。壺井さんを支えた働くモチベーションは何だったのでしょうか?

壷井さん

私たちは、先生方をサポートする仕事ではあるのですけれども、究極のところ目指している方向性は一緒だと思っています。当然な事ですが、先生は目の前の患者さんを治したくて良い画像が必要なわけです。安江さんもそうですよね?

安江さん

私もできるだけ良い治療をしたくて医学物理士の資格を得たり、大学院で研究をしています。

壷井さん

私たちメーカーも立場は違いますが、医療機器を通して患者さんを見ています。ですから、「この人を救うためにどういう画像が必要か?」について真剣に議論を交わす場面では、先生方も私達メーカーにプロとして意見を聴いてくださるし、私たちもプロとして先生方に助言、発言をするということができるので、よい成果を出すことができます。このような経験をすると、私も医療に関わる一員なのだなとうれしく思えて、活力になります。

角(司会)

安江さんは研究をしながら、医学物理士を目指して病院でも働いているわけですが、どんな思いで研究を進めていますか?

安江さん

放射線治療は、がん細胞の周りに正常な組織があるので、ピンポイントに放射線を当てないと、正常なところにも放射線の害が出てしまうことがあります。大変な治療をしている患者さんの治療後の生活の質ができるだけ高くなるように、放射線治療の精度をもっと良くする研究をしたい!と思います。

角(司会)

そういう思いが研究を続ける活力なんですね。でも、研究をやっていると、私の場合はうまくいった経験のほうが少ないくらいなのですけれど、安江さんはどうですか?

安江さん

やっぱり研究をやっていると、うまくいかないことのほうが多いです。そこで嫌になるときもあることはあるのですけれども、やらないと終わらないというのがあるので、やるしかないなと・・。

角(司会)

安江さんのお仕事はどちらというと基礎的研究に入ると思うのですが、患者さんのQOLの向上を常に意識して研究を進められる姿勢は、医療系の大学院生ならではですね。医療大学の大学院の特色や価値はここにあるのかもしれないと、お話を聞いていて感じました。研究で良い成果が出ることを祈っています。

佐藤(広報委員会委員長)

皆さん、本日はありがとうございました。私は医療職ではないのですが、私の中では、企業とか大学院の研究というところも含めてチーム医療なのだなと気づいて、見方がかなり広がったような感じがしています。本学ではチーム医療を大切にして、学科共同の演習を実施しているわけですが、チーム医療の枠はもっと広いぞ!という気づきを得ることができました。本日は本当にありがとうございました。

pagetop