聞かせて先輩‼IPUHS卒業生の過去、現在、未来

「オンライン座談会2021」

第2回(全4回)

学生×大学院生×卒業生

 2021年も、新型コロナウィルス感染症の問題により、日本全国の医療機関が危機的な状況に見舞われました。その中で、医療職の専門性がよりクローズアップされ、幅広い分野での活躍が紹介されていたかと思います。そこで今回、既に本学を卒業し、病院での一般的な業務ばかりでなく、さらにキャリアを積まれているエキスパートの先輩たちにご登場いただき、在校生にとっては未知の世界である「病院だけではないキャリア」について語っていただきました。

MENBERS
角 友起(司会)
理学療法学科卒業生
医科学センター准教授
壷井 美香さん
放射線技術科学科卒業生
キヤノンメディカルシステムズ(株)
安江 憲治さん
放射線技術科学科
大学院博士後期課程
看護学科
4年生
放射線技術科学科
1年生

 

■一般企業に勤める医療系出身者の仕事
 
学生(放射1年)
壺井さんはキヤノンメディカルシステムズ(株)で
営業のお仕事をされているということですが、営業の仕事の中に、顧客のトレーニングをするという業務があることは知りませんでした。仕事内容を詳しくお聞きしたいです。
壷井さん

営業というとセールスのイメージが強いですよね。それは、別の専門職種がいます。私は営業の中でもアプリケーションスペシャリストとして、病院が新しい装置の導入を検討する際に、技師や医師の方から頂く現状の課題や新しく行いたい検査等の質問に対応して、疑問を解消する役割を担っています。装置納品後は、操作方法のご説明や、実際の検査に立ち会ったりします。

学生(放射1年)

具体的にはどの様な説明や対応をされていますか?

壷井さん

一例ではありますが、画像を読影する先生に画質のヒアリングを行い、病変などがしっかりと描出できているかといった確認をします。ご満足が得られるように画質の各種パラメータ調整や撮影方法の改善を提案します。

安江さん

私が研修をしている茨城県立中央病院に新しいCTが入ったのですが、新しい装置が入ってくると、はじめは操作方法や詳しい撮影条件、検査に係る時間管理も分からないので大変です。壺井さんのような方に話を聞いて、撮影条件や撮影方法を決めていくことを、まさにいま病院でやっています。

壷井さん

新しい装置が入ると、現場は本当に大変だと思います。でも、皆さん基本的には「もっと、患者さんの治療に役立つ画像をとりたい!」と思っていらっしゃいます。放射線科だけでなく診療科の先生からの「こんな病変は診られる?」とか、「こんな検査もやってみたい!」いう意見や要望に対して、計画立案をご一緒させていただいたりもしますね。

学生(看護4年)

私は看護学科の学生です。看護師の資格を持っている方が、企業の営業職として働いているケースはありますか?

壷井さん

我が社では医療系の資格を持っている方は、診療放射線技師と臨床検査技師、少ないですが獣医師免許を持っている方はおりますが、看護師の方はいないです。ですが、看護師で、例えば循環器系の機器を扱うメーカーへ転職された方は実際にいらっしゃいます。

角(司会)

循環器系の機器というと、例えば人工心肺の装置のメーカーでしょうか?

壷井さん

私が知り合った方は、体内に留置するステントや人工弁などのデバイスを扱うメーカーに勤務されていました。このようなメーカーの製品には医師や医療スタッフに対してトレーニングが必要なものがあるため、医療資格者の活躍の場があると思います。

角(司会)

理学療法士や作業療法士の資格や臨床経験を生かして、義肢装具の開発メーカーや住宅メーカーで活躍されている方がいるというお話をうかがったことがあります。以前よりも活躍の場やキャリア形成は多様になっていますね。

安江さん

私は現在、大学院博士過程の大学院生でもあります。工学系の業界ですと、大学院を卒業してから企業に就職する方が多いと思います。壺井さんの会社ではどうですか?

壷井さん

大学院修了者が増えてきていますね。半分位は、院卒の方が入社されている印象があります。

角(司会)

会社としては大学院修了生を採用したいのですか?

壷井さん

大学院で学ばれた経験は企業でも活用でき、お客様との共同研究や学会発表、論文サポートについて、より深く関われる印象があります。大卒だとしても、入社後、お客様のサポートをしながら経験は積めるので、個人のスキルや努力で補える可能性はあると思います。

つづく(次回は1月17日公開)

pagetop