聞かせて先輩‼IPUHS卒業生の過去、現在、未来

「オンライン座談会2021」

第1回(全4回)

学生×大学院生×卒業生

 2021年も、新型コロナウィルス感染症の問題により、日本全国の医療機関が危機的な状況に見舞われました。その中で、医療職の専門性がよりクローズアップされ、幅広い分野での活躍が紹介されていたかと思います。そこで今回、既に本学を卒業し、病院での一般的な業務ばかりでなく、さらにキャリアを積まれているエキスパートの先輩たちにご登場いただき、在校生にとっては未知の世界である「病院だけではないキャリア」について語っていただきました。

MENBERS
角 友起(司会)
理学療法学科卒業生
医科学センター准教授
壷井 美香さん
放射線技術科学科卒業生
キヤノンメディカルシステムズ(株)
看護学科
4年生
放射線技術科学科
1年生

 

■一般企業で活躍する本学卒業生
 
角(司会)

皆さん本日は、遠隔での対談になります。どうぞよろしくお願いします。本日は卒業を目の前にした4年生と、これから専門的な勉強を進めていく1年生に参加してもらっています。まず、学生が聞きたいだろうなと思うことは、卒業生のお二人がどのようなことを考えて、どんな決断をして、今のキャリアを進まれているのかということだと思います。まずは、そのあたりを卒業生から学生の二人にお話ししていただきたいと思います。

角(司会)

本学の放射線技術科学科を卒業されて、一般企業にお勤めになられた壺井さんにお話を伺いたいと思います。壺井さんは私と同期なんです。お話を伺うのを楽しみにしていました!まずは、壺井さんが診療放射線技師に興味をもった理由をお伺いしたいと思います。

壷井さん

私は診療放射線技師のことを知ったのは、高校生の時に目にした職業紹介の資料でした。診療放射線技師の将来の働き方みたいなところに、病院勤務が一般的だが企業で働く道もあると書いてあったので、将来の選択肢が増えるのもいいなと思いました。

角(司会)

入学後にやっぱり病院ではなく企業を選んだ理由は何だったのでしょうか?

壷井さん

大学3年の臨床実習での経験が、企業に勤めるという選択を後押ししました。技師の方は「患者さんのために診断しやすい画像を提供しよう!」とお仕事をされています。でも、日常業務の中で新しい医療機器の原理や設定方法を覚えなくてはならない様子をみて、「誰でもより簡単に使いこなせる装置開発や、撮影方法を提案したり、分かりやすく操作方法をお伝えしたりする仕事をしたい!」と思うようになりました。

学生(放射1年)

一般企業には、医療職の技術サポートをする部署や仕事があるのですか?具体的にはどういった仕事なのでしょうか?

壷井さん

アプリケーションスペシャリストというのですが、お客様のトレーニングに関わる仕事があります。具体的には、病院に伺って装置の操作説明、臨床適用のご提案、ご質問やご要望などを聞き取って、開発部に報告して、より良い装置を作っていくことに関わります。その様な仕事をする人が、私の担当装置では全国に40名程います。

角(司会)

我々も卒業して随分経ちましたので、職場での役割も変化してきていると思います。現在の壺井さんは部署内でどの様な役割を担っていますか?

壷井さん

現在私は管理職になったので、臨床現場に直接伺う機会は減りました。全国のメンバーの意見を傾聴しながら、マネジメント業務をしています。

角(司会)

学生の皆さんは、医療系の大学を卒業後に一般企業で活躍できる場があるということを知っていましたか?

学生(放射1年)

機器の開発に関わる仕事はあるのかな?とは思っていましたが、開発と臨床をつなぐ専門職者による営業の仕事があるとは知りませんでした。

学生(看護4年)

全く、想像すらしていなかったです!私にとって技師さんは、病院のレントゲン室とかで働いているイメージしかありませんでした。

学生(看護4年)

就職活動はどうされたのでしょうか?医療系の学生は臨床実習があるので、4年生になってから就職活動をするのが一般的です。一般企業の就職活動のタイミングとは違いますよね?

壷井さん

今も大学にあるのですかね?就職相談室みたいなところって。

角(司会)

今はキャリア支援センターとなってスタッフも増えて、昔より充実していますよ。

キャリア支援センター入口 キャリア相談の様子 
キャリア支援センター入り口(管理棟1F)と就職相談の様子     
壷井さん

それは良いことですね!企業は病院よりも就活が早いので、大学3年生のころにそのキャリア支援センターに行ったところ、医療機器を扱うメーカーからの募集案内がありました。その情報を見て私は、当時は東芝メディカルシステムズを受験して、現在のキヤノンメディカルシステムズ(株)に至っています。

つづく(次回は12月20日公開)

pagetop