学修評価

保健医療学部

     茨城県立医療大学の建学理念は、「人間の尊重を基本として、豊かな人間性の涵養を図るとともに、保健医療に関する専門的かつ科学的な知識、技術を追求し、地域社会において広く活躍できる人材を育成すること」です。そのために、次のような能力を備えた人材を育成することを目標として、卒業認定及び学位授与を行います。

    1. 人間や社会に対する理解を深め、高い倫理観に基づいて行動する力
    2. 保健医療学生として求められる知識・技術を理解し、実践する力
    3. 自ら課題や目標を設定し、その実現のために継続的に行動する力
    4. 多様な価値観を理解し、相手の立場を尊重しながら他者と協働する力
    5. 自らの専門分野の知見をもとに、学際的に未来を創造する力
    6. グローバルな視点を有しつつ、地域医療で活躍できる力

    助産学専攻科

    本学助産学専攻科は,以下の知識と能力を修得した学生に修了を認定する。

    1. 女性や人々と助産師としての良好な関係性を築くことができる。
    2. リプロダクティブヘルス/ライツについての深い認識を獲得している。
    3. 助産師に相応しい高い倫理観を備え,社会の中での専門職としての果たすべき責務を自覚している。
    4. 助産師のスタートラインにつくための基礎的な能力を獲得している。
    5. 専門的な知識と技術とを深く追求する姿勢を身につけている。
    6. 多職種と連係する行動力を持っている。
    7. 助産師として母子保健・周産期医療に貢献する能力を身につけている。

    大学院研究科

    〈博士前期課程〉

    博士前期課程における学位授与に関する方針は,次の要件を満たしていることである。

    1. 人間性の尊重を基本とし,保健医療に関する学術の理論及び応用を身につけている。
    2. 高度医療専門職として高い倫理観を有し,多岐にわたる保健医療分野へのニーズに応えうる専門分野に関する基礎的研究能力を身につけている。
    3. 優れた教育者,研究者となりうる基本的能力を身につけている。
    【看護学専攻】
    1. 看護学に関する高い学識・技術に基づいた高度の実践力を身につけている。
    2. 科学的思考力と応用力を用いて多様な課題に関する研究を推進する能力を身につけている。
    【理学療法学・作業療法学専攻】
    1. 理学療法学又は作業療法学に関する高い学識・技術に基づき,地域の保健医療の質的向上に寄与できる能力を身につけている。
    2. 人間や社会に対する理解と生命の尊厳に関する深い認識を有している。
    【放射線技術学専攻】
    1. 放射線を安全に利用する能力を身につけている。
    2. 放射線技術科学に関する高い知識・技術・態度を有している。

    〈博士後期課程〉

    博士後期課程における学位授与に関する方針は,次の要件を満たしていることである。

    1. 人間性の尊重を基本として,他職種の協働による利用者・患者中心の保健医療に貢献できる能力を身につけている。
    2. 高度医療専門職として,地域保健医療に貢献する独自性の高い提案と,それを実践するためのリーダーシップがとれる卓越した能力を身につけている。
    3. 自立して保健医療科学の科学的根拠を構築するための研究を展開し,学際的研究・国際的研究にも寄与できる能力を身につけている。
    4. 保健医療科学の視点に立ち,大学及び大学院教育を担うことのできる能力を身につけている。