教育内容

保健医療学部

茨城県立医療大学では,卒業認定・学位授与の方針に掲げる知識・技能等を修得できるよう,基礎科目,専門基礎科目,専門科目及びその他必要とする科目を体系的に編成し,講義,演習,実習を適切に組み合わせた授業を開講します。カリキュラムの体系を示すために,科目群を「コース」として分類し,カリキュラムの構造をわかりやすく明示します。科目の順序性について,基本的には基礎科目から専門科目へと漸次移行しますが,教育効果を高めるために,その順序性にも十分配慮します。

アクティブラーニングを主体とする専門職連携教育(IPE: Interprofessional education)に関する科目を,1年次から4年次まで段階的に配置し,多職種協働の能力を育成します。

授業実施や成績評価は,シラバスに基づいて行います。

〈基礎科目〉

社会人としての常識や幅広い視野を備え,人間・社会を理解できる能力と,専門科目を学ぶ上で必要な基礎能力を育成する。

〈専門基礎科目〉

専門科目に直結する近接学問領域からの幅広い基礎知識や技術を修得できるよう,健康な人間の身体的・心理社会的分野,健康障害の成り立ちと回復の促進分野,人間をとりまく社会・環境の理解分野への理解を深める能力を育成する。

〈専門科目〉

基礎および専門基礎科目を土台として,医療専門職として必要な専門知識,技術,態度を修得できるよう,職業的アイデンティティ分野,医療における専門知識・技能の育成分野,総合応用能力の活用分野を修得する。

<看護学科>

看護学科では,次のような内容をふまえたうえで,全学的なカリキュラムポリシーに基づく教育課程を編成及び実施します。

  1. 生命の尊厳と人権を理解し,豊かな人間性を身に付け,看護職となる基盤を形成する。
  2. 看護の概念と職業的アイデンティティを早期から養えるよう,1年次から4年次まで系統的に学修する。
  3. 地域社会の特性を理解し,個人・家族・集団の健康状態を査定するとともに,ライフサイクルを通して健康の維持・増進および疾病予防をはかるために必要とされる知識・技術・態度を学修する。
  4. 各ライフステージで起こりうる健康障害の特徴を理解し,各々の健康レベルに沿った看護の方法や技術について学修する。
  5. 広い視野に立ち,これまで身につけた知識や技術を応用し,より高次の課題探究能力を開発できるように学修する。
<理学療法学科>

理学療法学科では,次のような内容をふまえたうえで,全学的なカリキュラムポリシーに基づく教育課程を編成及び実施します。

  1. 理学療法の基本となる学修を早期より行い,理学療法士としての職業的アイデンティティを育成する。
  2. 医療専門職として基盤となる知識について学修する。
  3. 障害別にコース化された各領域の理学療法治療学を,評価,治療介入,生活支援という一貫した流れとして学修する。
  4. 社会生活における保健・福祉活動の意義や重要性を理解し,理学療法士が地域でいかに活躍できるかを学修する。
  5. 理学療法士としての問題解決能力および生涯学習の資質を涵養することで,卒業後も自己発展性を持ち続ける能動性を養う。
<作業療法学科>

作業療法学科では,次のような内容をふまえたうえで,全学的なカリキュラムポリシーに基づく教育課程を編成及び実施します。

  1. 作業療法の基本となる学修を早期より行い,作業療法士としての職業的アイデンティティを育成出来るよう系統的に学修する。
  2. 疾患や障害の有無にとらわれることなく,対象者の生活支援や望む活動に必要な,作業を基盤とした評価・介入知識と技能を学修する。
  3. 作業療法治療学を障害別にコース化し,医療専門職として疾患・障害の特性を踏まえた評価,治療・介入法と生活支援へ着実につなげられる知識と技能を学修をする。
  4. 社会生活における保健・福祉活動の意義や重要性を理解し,作業療法士が地域でいかに活躍できるかを学修する。
  5. 作業療法士としての問題解決能力および生涯学習の資質を涵養することで,卒業後も自己の資質を高める能動性を養う。
<放射線技術科学科>

放射線技術科学科では次のような内容をふまえたうえで,全学的なカリキュラムポリシーに基づく教育課程を編成及び実施します。

  1. 学生の放射線技術科学に対する勉学の意欲を損なわないように,early exposureに心がけ,職業適正や職業選択の動機づけをはかり,学修意欲の向上をはかる。
  2. 診療放射線技師としての根幹をなす画像診断の技術分野および医療の安全管理分野について,医療技術の急激な進歩に合わせ系統的に学修する。
  3. 診療放射線技師としての根幹をなす癌の治療分野について,医療技術の急激な進歩に合わせ系統的に学修する。
  4. 診療放射線技師として重要な放射線の安全利用に関して,系統的に学修する。
  5. 専門分野を総合的に学修し,応用的能力を身につけ,学生が主体性を持って高次の学修や研究を遂行できるようにする。

助産学専攻科

本学助産学専攻科は,大学理念を達成するため,以下の方針に基づいてカリキュラム(教育課程)を編成する。

  1. 助産師としての基本的な必須能力を身につけるための根拠に基づき系統的に学修する。
  2. 女性の生涯にわたる健康および家族発達への支援について学修する。
  3. 助産師としてのアイデンティティを養い,責務と自律性を自覚し,社会の中での多職種連携・協働する能力を身につける。
  4. 学修者主体となる学修方法に基づく理論と実習を通じて,社会において自己研鑽し続ける態度を身につける。

大学院研究科

〈博士前期課程〉

専門分野に関する基礎的研究能力を有する高度医療専門職の育成を目的に,看護学専攻,理学療法学・作業療法学専攻及び放射線技術科学専攻共通の「共通科目」と,専攻ごとの「専門科目」でカリキュラムを構成する。

【看護学専攻】

修士論文コースとCNSコースを開設し,修士論文コースは,看護学の多様な課題に関する研究を推進できる能力及び指導力を備えた人材の育成,CNSコースは,専門分野の臨床研究推進能力と高度な実践力を備えた人材育成を目標とする。

この目標を達成するため,次の方針で教育課程を編成している。

  1. 専攻分野の研究や高度の実践を担うために基盤となる科目及び方法論に関する専門科目を各専攻領域で履修する。
  2. 修士論文の作成,CNSに関連する実習を進めるための知識や技術について,演習科目で深く学修する。
  3. CNSコースは,CNS認定試験受験に必要となる科目及び高度な実践力習得のために実習科目を履修する。
【理学療法学・作業療法学専攻】

リハビリテーション医療を担う高度医療専門職として,また教育者及び研究者として活躍できる人材の育成を目標とする。

この目標を達成するため,次の方針で教育課程を編成している。

  1. 「理学療法学・作業療法学専門共通領域」では,二つの専門領域に共通する運動器系,神経系障害のリハビリテーション及び地域リハビリテーションの実践・理論について学修し,幅広い視野の獲得を目指す。
  2. 「理学療法学領域」では,理学療法の背景となる理論,概念及び最新の科学的知識を習得するための科目及び特別研究に向けた研究手法を習得するための科目を履修する。
【放射線技術科学専攻】

専門コースとMPコース(医学物理コース)を設け,先端技術を駆使する放射線技術部門のリーダーや放射線医療に関する機器や技術の開発に従事する専門家等の育成を目標とする。

この目標を達成するため,次の方針で教育課程を編成している。

  1. 専門コースでは,放射線診断,核医学,放射線治療の専門領域での最先端の研究を行い,関連する他領域の科目を選択し,幅広い専門知識を獲得する。
  2. MPコースでは,放射線診断,核医学及び放射線治療の各領域に医学物理に関する教育コースを設け,医用物理の基本的能力を修得する。
  3. 「作業療法学領域」では,作業療法学の理論的,実証的研究を行い,知識の深化と技術開発力を高める。

〈博士後期課程〉

多職種の協働による利用者・患者中心の保健医療の実践及びその科学的根拠の構築のために,看護学,理学療法学,作業療法学,放射線技術科学の各学術領域の連携を強化し,これらの領域を統合した1つの専攻により専門的かつ包括的な教育研究を行うために,「保健医療科学基礎科目群」「保健医療科学連携科目群」「保健医療科学専門科目群」及び「特別研究」の4つの科目区分でカリキュラムを構成する。

<保健医療科学基礎科目群>

異なる職種を背景とした学生が,保健医療科学に関する共通の学術的基盤を形成するために有益な講義科目と演習科目を配置し,これらの科目を履修することで保健医療科学連携科目群,保健医療科学専門科目群の履修を円滑に進めると同時に,保健医療科学の全体像の理解促進を深める。

<保健医療科学連携科目群>

看護学,理学療法学,作業療法学,放射線技術科学の各領域間の融合を図るための科目を配置している。各科目は,学生の学際的視野を養うことを目的としており,保健医療科学専門科目群に配置されている同名の演習科目の基盤となる知識を習得する。

<保健医療科学専門科目群>

保健医療科学基礎科目群,保健医療医科学連携科目群で修得したことを応用し,従来の看護学,理学療法学,作業療法学,放射線技術科学の各領域における知識,技術,考え方を発展させ,より深める学修を行う。各領域が解決できる課題を広く求めることで,各領域の発展と深化を図る。

<特別研究>

保健医療科学専門科目群における学修を推し進めた成果が,特別研究へと繋がるカリキュラムとなっている。特別研究では,これまでに修得した各科目における知識,技術,考え方を活用し,保健医療科学における新たな知見を得る。

pagetop