前期期末試験における教室・時間変更について

 学生の皆様

 

 明日から始まる前期期末試験については、登校前の健康観察、広い教室の確保と換気、マスクの着用、手指消毒等の感染防止対策を図ったうえで、予定した対面による試験を実施することとしていますが、新たに下記の感染対策を追加することとしました。
 感染リスク軽減にむけた対策として、休憩時間に換気と消毒を行い、密にならないように移動できる時間を確保し、試験会場を広めの教室に変更しています。
 下記1教室変更及び下記2の試験開始・終了時間の変更については、直前の変更で申し訳ありませんが、各自別添の試験時間割表を確認のうえ対応するようお願いします。
 また、下記4・5についても、感染リスク軽減の観点から徹底するようお願いします。

 

  記 

1 教室の変更
 可能な限り広い教室で対面の期末試験を実施するため、一部科目について教室を変更します。詳細は、別添「前期試験時間割」でご確認ください。

2 試験開始・終了時間の変更
 以下3のとおり、教室の消毒を実施するため、休み時間を20分に拡大、昼休みは40分に縮小し、試験開始時間及び終了時間を以下のとおり変更します。

 1限 9時00分から10時30分まで
 (20分休憩)
 2限 10時50分から12時20分まで
 (40分休憩)
 3限 13時00分から14時30分まで
 (20分休憩)
 4限 14時50分から16時20分まで
 (20分休憩)
 5限 16時40分から18時10分まで

3 試験実施後の教室の消毒・換気
 試験実施後、履修者が利用した席の消毒及び教室の換気を実施します。 

4 不織布マスクの着用について
 体質的に着用できない場合を除き、マスクは不織布を着用してください。 

5 学内での昼食利用について(再周知)
・2限から3限をまたいで学内での授業や試験がある学生や、やむを得ず学内に留まる必要のある学生に限り、学食・ラーニングコモンズ・講義棟3階131講義室~134講義室での昼食を可とする(講義室の利用は期末試験期間中に限る)。
・昼食時は隣の人と間隔を十分に開け、黙食を徹底する。
・食事をしているとき以外はマスクを必ず着用する。
・その他の学生(午前あるいは午後のみ学内での授業や試験がある学生)は自宅にて昼食をとる。

 

学務委員会

pagetop