茨城県立医療大学公式Webサイト
茨城県立医療大学公式Webサイト
[1]トップページ
[2]大学案内
[3]学部・学科
[4]大学院
[5]助産学専攻科
[6]入試
[7]学生生活
[8]就職・キャリア
[9]研究
[10]社会貢献
[11]国際交流

メニュー:社会貢献
[#]次へ

 


 地域貢献


 
 認定看護師教育課程


 

  地域貢献研究センター

  医療大学公開講座について 

  人財ネット事業 

 

 


  教育課程の概要

  課程長の挨拶

  受講案内 

  受講試験情報 

  キャンパス・ライフ

  修了生のメッセージ 

  交通アクセス 
 

 

 専任教員養成講習会 

 
 

 

  講習会の概要

  統括者の挨拶

  教育担当者より

  カリキュラム


  説明会


  選考試験情報

 

  継続研修

  キャンパス・ライフ

  修了生のメッセージ

  よくあるご質問

 

 

 



認定看護師教育課程の概要


沿革

 日本看護協会は、特定の分野において熟練した看護技術と知識を用いて、水準の高い看護実践のできる認定看護師を社会に送り出すことにより、看護現場における看護ケアの広がりと質の向上を図ることを目的に認定看護師制度を発足しました。
 近年、加齢や発達上の問題、疾病・治療による摂食嚥下機能に障害をもつ人に対して、医療機関や介護施設、在宅など、さまざまな場所でより専門的で高度なケアが提供できる看護師が求められています。このような状況を踏まえて、茨城県立医療大学では、日本看護協会の認定を受け平成19年10月より地域貢献研究センターに「摂食嚥下障害看護」分野の認定看護師教育課程を開設しました。

 

教育理念

 高度専門分化する保健・医療・福祉の現場において、特定の看護分野について熟練した看護技術と知識を用いて、水準の高い看護実践を提供することのできる認定看護師を社会に送り出すことにより、看護現場における看護ケアの広がりと看護の質の向上に寄与します。


教育目的

 摂食嚥下障害看護の分野において、熟練した看護技術と専門的知識を用いて水準の高い看護を実践することができ、それらを基盤として他の看護師への指導・相談を行うと共に、自らの実践力を自律的に向上することができる認定看護師を育成します。

 

摂食嚥下障害看護分野における教育目的

  1. 摂食嚥下障害のある患者のQOLの向上を目指して、個別性、専門性の高い看護を実践する能力を育成する。
  2. 摂食嚥下障害看護の専門的知識と実践力を基盤として、看護スタッフの指導・相談を行うことができる能力を育成する。
  3. 摂食嚥下障害看護における臨床実践能力を自律的に向上する力を育成する。

受講定員・教育期間

 受講定員  20名 
 教育期間  10月〜3月(6ヶ月) 



課程長の挨拶

 

 近年、わが国においても、高齢化や成長発達上の問題、疾病・治療により摂食嚥下機能に障害をもつ対象は増加しており、医療機関や介護施設、在宅など、さまざまな場所でより専門的で高度なケアが提供できる看護師が求められています。

 本学は付属病院とのユニフィケ−ション体制の中で、平成7年の開学時より摂食嚥下障害者への支援に取り組んでまいりました。そのため平成19 年10月より日本看護協会から、「摂食嚥下障害看護」分野の認定看護師の教育機関として認定を受け、教育課程を開設いたしました。この分野の教育機関は愛知県看護協会に次いで2番目の設立であり、かつ東日本では初めてとなります。

 当課程は地域貢献研究センタ—内に位置づけられ、大学内の施設・設備を学部生や大学院生と同様に利用できる環境にあります。人体の構造模型を始めとした教材や、嚥下食の調理を実際に行なう栄養学実習室、フィジカルアセスメントや嚥下訓練などの実践を行なうための看護学実習室、看護系の蔵書が数多い図書館、パソコンが一人1台ずつ使用できる情報処理室などが有効に活用でき、受講生自らの能動的な学習を支援しています。

 さらに当課程の指導者は、摂食嚥下障害看護の認定看護師である主任教員と専任教員を中心に、外部からも摂食嚥下障害関連の専門家に多数きていただき、より先進的な教育内容を提供しています。

 このような学習環境の中で、大学のキャンパスライフを楽しみながら、幅広くかつ奥行きのある摂食嚥下障害看護を一緒に学んでいきましょう。


    認定看護師教育課程    課程長 




[#]次へ


▲上へ
茨城県立医療大学公式Webサイトトップページ


茨城県立医療大学

〒300-0394
茨城県稲敷郡阿見町
大字阿見4669番地2
TEL: (029)888-4000 (代表)
webmaster@ipu.ac.jp