就職プチ講座「DMATって何?」

 東日本大震災の際に茨城県DMATの陣頭指揮を執った講師から、災害時における医療職の心構え、DMATの具体的な活動、茨城県における活動についてお話を伺いました。また、トリアージ・タッグも1人1枚いただきました。

 災害対応の基本であるCSCATTT、救急医療や災害医療とは違うからこそトリアージが必要であること、日本DMATの特徴や実際の活動状況など、現場にいた講師だからこそのお話に、参加者たちはぐんぐん引き込まれ、最後の質疑応答も活発に行われました。DMATの基本単位は医師、看護師、調整員であり、調整員がとても重要な役割を担っていて、放射線技師などの医療職も調整員になれること、救護所に避難している人に理学療法士・作業療法士が声掛けしたり、リハビリを行ったりすることも求められているなど、医療職であるからこそ貢献できる場が数多くあることがよくわかりました。

DMAT1.jpgDMAT2A.jpg

 JAとりで総合医療センター副院長 鶴岡信氏