ディプロマポリシー(学位授与方針)

[博士前期課程] 

 博士前期課程における学位授与に関する方針は,次の要件を満たしていることである。

(専攻共通)

1 人間性の尊重を基本とし,保健医療に関する学術の理論及び応用を身につけている。

2 高度医療専門職として高い倫理観を有し,多岐にわたる保健医療分野へのニーズに応えうる専門分野に 

  関する基礎的研究能力を身につけている。

3 優れた教育者,研究者となりうる基本的能力を身につけている。

 

(さらに専攻毎に以下の要件を満たしていることとする)

【看護学専攻】
 (1)看護学に関する高い学識・技術に基づいた高度の実践力を身につけている。

 (2)科学的思考力と応用力を用いて多様な課題に関する研究を推進する能力を身につけている。

 

【理学療法学・作業療法学専攻】
 (1)理学療法学又は作業療法学に関する高い学識・技術に基づき,地域の保健医療の質的向上に寄与で 

   きる能力を身につけている。

 (2)人間や社会に対する理解と生命の尊厳に関する深い認識を有している。

 

【放射線技術学専攻】
 (1)放射線を安全に利用する能力を身につけている。

 (2)放射線技術科学に関する高い知識・技術・態度を有している。

 

[博士後期課程]

 博士後期課程における学位授与に関する方針は,次の要件を満たしていることである。

1 人間性の尊重を基本として,他職種の協働による利用者・患者中心の保健医療に貢献できる能力を身

  につけている。

2 高度医療専門職として,地域保健医療に貢献する独自性の高い提案と,それを実践するためのリー

  ダーシップがとれる卓越した能力を身につけている。

3 自立して保健医療科学の科学的根拠を構築するための研究を展開し,学際的研究・国際的研究にも寄

  与できる能力を身につけている。

4 保健医療科学の視点に立ち,大学及び大学院教育を担うことのできる能力を身につけている。