学科等紹介


   教育内容 入学
定員
看護学科   あらゆる年令・健康状態にある人を対象に、保健活動、健康障害の改善・悪化予防、亡くなる方への観取りの看護などを医療現場のあらゆる領域で活躍できる高度な知識と技術を兼ね備えて効果的な実践能力を身につけた看護師・保健師を育成します。

 50
理学療法学科   運動療法や物理療法(温熱・電気・水など)によって基本的な動作能力の回復や維持、障害の悪化を防ぐのが理学療法です。脳卒中や心臓病などのリハビリテーション、スポーツ障害の予防などの分野で活躍できる理学療法士を育成します。

 40
作業療法学科   医学・心理学・社会学などの知識を基礎に多種多様な個人の状況に合わせた作業活動を用いることによって障害の回復をはかるのが作業療法です。障害を持つ人や高齢者が心身機能を回復し自立して生活していけるように援助・指導できる能力を養成します。

 40
放射線技術科学科   X線撮影・コンピュータ断層撮影(CT)・直線加速器など医療現場で使用されるさまざまな放射線機器を安全に取り扱い、正確な診断や治療をサポートするための最新の医療技術に対応できる能力を身につけた診療放射線技師を育成します。

 40
医科学センター   医療専門職は、社会の変化に伴い多様化する保健医療や、今後の医学・医療技術の進歩に対応する能力が求められています。医科学センターは、医療専門職を養成する教育において、その基礎となる医療科学・医学の分野の教育を担当するとともに、これらの分野の基礎的研究を推進するために創られた組織です。

  -
人間科学センター   将来、医療技術者として活躍するために必要な基礎教育を担当します。自然、人文、思想、社会,情報、外国語、スポーツなどの教育と、これらの分野に関係する専門の研究を行っています。

  -