女性研究者支援推進室について

 

 茨城県立医療大学では,女性の個性と能力が十分に発揮されるよう,女性研究者の研究活動を支援するため,2018年(平成30年)4月に「女性研究者支援推進室」を開設しました。

 

 基本理念

 2015年(平成27年)8月に制定された女性活躍推進法により,性別にかかわりなく,その個性と能力を十分に発揮する社会を実現するための取り組みがより一層推進されています。

 茨城県立医療大学では,この観点に立ち,男女がお互いの多様性を認識して尊重しながら,個々の能力を最大限に発揮し,広く社会で活躍できるような環境の実現に積極的に寄与するために,男女共同参画及びダイバーシティの取り組みを推進します。

 また,本学の教員は,多くの教育・臨床業務や管理業務を抱えており,特に本学で多くを占める女性研究者に対しては,特有のライフイベントへの配慮も必要であると考えます。

 以上を踏まえ,業務全体のバランスを考慮しながら女性研究者の研究活動を積極的に支援していくことは,今後の保健医療分野の発展に大きく寄与できると考え,以下の基本方針を定めました。

 

 基本方針

  1. 男女共同参画を見据えた女性研究者の研究活動支援体制の構築及び向上
  2. 男女共同参画や女性研究者支援に関する教職員及び学生への普及啓発・活動
  3. 女性特有のライフイベントへ配慮した女性研究者のキャリア形成支援
  4. 近隣教育機関・研究機関,企業等との連携・協働を通じた女性研究者支援及び男女共同参画の推進
  5. 次世代を担う研究者の育成推進と支援
  6. ハラスメント防止の推進

 

 設置要項(PDF)

 

 活動報告

 2018年8月20日 中高生理工系進学応援シンポジウムに参加しました。(PDFへリンク)

 

 お問い合わせ ipush-frsc(at)ipu.ac.jp (メール送信の際は(at)を@へ変換してください。)