2019年度第一期授業料減免申請について

 減免等の対象者に該当する場合は,本人の申請に基づき,授業料の減免(全額又は半額)を認めることがあります。減免等を希望される場合は,申請手続きを行ってください。

 

 ※減免等の対象者に該当するための基準は,学力基準,経済的基準から審査します。

  減免を認めるためには,奨学金の給付又は貸与を申請していることが条件となります。

  留年者又は最短修業年限を超えたもの(病気・留学など特別な理由があると認められる場合を

 除く)は,減免は認められません。

  詳細な基準については,こちらからご確認ください。

  

  2019年度第一期授業料減免等申請要項をよく確認の上申請してください。

  申請要項は教務課窓口でも配布しています。

  

1 減免の種類

  「全額」又は「半額」免除の2種類

   学業基準,経済基準等で審査し「全額」免除,「半額」免除,「不承認」と決定します。

 

2 受付期間

  2019年4月3日(水)から4月26日(金)まで【期間内必着】

 

3 手続場所

  教務課窓口 ※窓口へ持参してください。

 

4 提出書類

  @提出書類チェックリスト

  A申請書  (記入例)

  B家庭状況調書  (記入例)

  C減免等の対象者に該当すること及び家庭状況等を証明する書類

         ※用意すべき書類は申請者により異なるので,必ずチェックリストを参照し,必要書類

    を揃えたうえで申請すること。

  D納入通知書(授業料を払わずに添付してください。)

  E証明書  (記入例

   ※世帯内に高校生以上の就学者がいる場合は必ず提出すること。

   ※奨学金の貸与始期及び貸与額が分かる書類を添付すること。

 

 

5 その他

  (1)減免を申請した者が,必ず減免等が認められるとは限りません

  (2)減免等の結果は,各人宛通知します。なお納入すべき授業料は,減免等の決定後に送付

    される新たな納入通知書に記載されている納入期限までに納めてください。

  (3)申請後,必要に応じて掲示,電子メール,電話等により内容確認,不足書類の提出依頼等の

    連絡をすることがあります。

  (4)虚偽の記載により申請を行ったことが判明した場合には,授業料免除決定後であっても

    これを取り消すことがあります。