授業料減免の審査基準について

 学業成績が優秀であると認められる者(1)で,経済的理由により授業料の納付が困難であると認められる者(2)については,申請に基づき,授業料(全額又は半額)を免除する制度があります。

 なお,留年者又は最短修行年限を超えた者(病気・留学など特別な自由があると認められる場合を除く)及び合理的な理由なく日本学生支援機構等の奨学金や修学資金の給付又は貸与の申請をしない者については,要件に該当する者であっても減免は認めません。

 

(1)学業が優秀であると認められる者とは,次のいずれかに該当する者をいう。

 @学部学生

  〇1年次に在学する者については,第一期(4月)は高等学校等における学習成績の評点を

   全履修科目について平均した値が3.2以上の者。第二期(10月)は前期の必修単位数を

   満たしており,GPAの値が2以上である者。

  〇2年次に在学生する者については,前年度の必修単位数を満たしており,かつ前年度の

   GPAの値が2以上である者。

  〇前年度のGPAがない学生については,判断すべき学力基準がなく,学業が優秀であると

   認めることができないので,減免の対象としない。

 A大学院学生及び専攻科生

  〇1年次に在学する者については,第一期(4月)は入学試験の成績において,本人の属する

   専攻又は専攻科の平均水準以上の者。第二期(10月)は前期のGPAの値が2以上である者。

  〇2年次に在学生する者については,前年度のGPAの値が2以上である者。

  〇前年度のGPAがない学生については,判断すべき学力基準がなく,学業が優秀であると

   認めることができないので,減免の対象とはしない。

 

(2)「経済的理由により授業料の納付が困難であると認められる者」とは,次のいずれかに

 該当するものをいう。

 @ 学資負担者が生活保護法による生活扶助を受けるに至ったこと。

 A 学資負担者が失業又は生業の不振に至ったこと。

 B 学資負担者が死亡し,又は疾病にかかったこと。

 C 学資負担者が天災,火災その他の災害により損害を受けたこと。

 D その他@からCに相当する程度生活環境が経済的に困窮していること。

 ※AからDに該当する場合は,世帯の1年間の総所得金額が本学の定める所得基準以下で

  あること。本学の定める所得基準はこちらから確認ください。

 

     平成30年度授業料減免申請について

   

  授業料の減免申請から減免審査決定までの流れについては,こちらからご確認ください。

 

  〇第一期授業料減免申請   申請期間(平成30年4月2日(月)から27日(金)まで)

                   →終了しました             

                   

  〇第二期授業料減免申請   申請期間(平成30年10月9日(火)から31日(金)まで)

 

  第二期授業料減免申請に関する関係資料はこちらからご確認ください。 

  教務課窓口でも関係資料を配布しております。