nagatagakutyo 

 医療の技術や知識の進歩の速度は著しく,また医療サービスを提供する制度も目まぐるしく変化する時代に入り,大学で学んだ知識や技術は,生涯にわたって次々に更新していく必要があります。その現場で求められる能力は,自己発展能力であり,問題解決能力です。さらに現場では,他の職種の役割を理解する力とコミュニケーション能力,そして病気や障がいを持つ人を受け入れ,理解する豊かな人間性も必要です。茨城県立医療大学では,そのような要件を備えた人材を育成するカリキュラムを用意しています。

 

 保健医療学部の看護学科,理学療法学科,作業療法学科,放射線技術科学科では,専門的な知識や技術を教わるとともに,人間科学センターと医科学センターでは幅広い教養やサイエンスとしての医療の基礎を学ぶことができる仕組みになっています。また,学部4年間を通して,多職種協働を実践できる意識を醸成する科目群の設定や,広い視野とグローバルな視点をもちつつ地域に目を向けられる人材育成のための国際交流に関連する科目も用意しています。

 

 また,大学院では,2年間の博士前期課程(修士号授与の課程),3年間の博士後期課程(博士号授与の課程)を設けており,臨床の現場を経験した多くの人たちが入学し,指導教員の元,幅広い領域の学修と研究に励んでいます。さらに,助産師養成のコースとして助産学専攻科を設置しており,まさに本学は保健医療系の総合大学として整備されています。

 

 学部卒業生と大学院,助産学専攻科修了生は,茨城県を中心に全国の医療の現場で活躍し,それぞれの地域で高い評価を得ています。指導的立場として,職場でのリーダーとして活躍している卒業生も増えています。やりがいと生きがいを感じる未来の医療への第一歩を,この茨城県立医療大学で踏み出してみませんか?

茨城県立医療大学

学長 永田博司